本文へ移動

石黒建築工房の「大工メンバー」

     
     大工 / 三浦  miura 
 
    入社の「きっかけ」   
 
 祖父が大工だった事もあり、子供の頃に大工道具を触ったりして遊んでいました。高校卒業後の進路として専門学校の建築技能学科に入学、具体的な職を決めかねていた所、母親に幼稚園の時に書いた将来の夢に「大工になりたい」と書いたのを見せてもらい、大工になると決めました。専門時代に、先生からよく石黒建築工房の社名を聞くことがあり、学校の資料でどんな人が働いているのか、また、HPの事例などを見て「注文住宅をやっている会社」という条件を満たし「知り合いのいない新しい環境」という事で飛び込む事にしました。
 
 
 
      担当する「しごと」    
  
 設計士から指示されるだけでなく、納まりなど設計に選択肢を提案できる大工になりたいと最初から思っていました。しかし、石黒建築工房での仕事は自分が考えているよりも何倍も深かったです。聞いて覚えるより見て覚える方が得意なので、他の人が何を考えて動いているのか良く観察して解らないことは聞いて、仕事を確実に覚えるようにしています。今ではだんだん目に触れる部分の仕事も任されるようになって来ました。自分の性格もあり現場の片付けもこまめにしています。片付いていた方が仕事の効率も良くなりますし。
 
 
      自分の「やりがい」    
    
 リフォームで分かりやすいのが施工前と施工後の変化です。図面では想像できない、建物を完成させた後の空間の雰囲気などを後から見るのが好きです。また、早く一人前の大工になりたいと思っているので、自分ですべて出来るようになった時、どんな“景色”が見えるのか楽しみ。それに少しずつ近づいていると日々実感できるのが「やりがい」です。休憩中に施主様のお子さんと遊ぶ時もあり、施主様に自分の名前を憶えてもらって感謝の言葉をかけて頂ける時もまた「やりがい」を感じます。
 
 
 
       おもう「会社の特徴」     
 
 細かい所まで気を配って、設計から施工まで皆で丁寧に仕事をしている会社だと思います。会社に併設するカフェも“おしゃれ”で、こういうカフェをつくる会社はどんな家をつくれるのだろう?と感じてもらえたら嬉しい。やっぱり、好きな事を仕事にするのが一番だと思いますが、まだ好きな事が見つからないという人には、いっぱい色んな人と遊んでみることをお勧めしますね。自分は、家に携わる仕事が好きな人や、働く事自体好きな人と働きたいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
     
    大工 / 丸谷  maruya 
 
    入社の「きっかけ」  
 
 モノづくりが好きで、身体を動かす仕事をしたいという思いが先ずあり、そして楽しそうに仕事をする大工の親戚の影響もあって大工になりました。最初は、関東の建築会社。建売住宅の建て方専門の大工をしました。その後、高校で得た溶接の免許を活かした“特殊”な仕事にも就きましたがやっぱり「木」を扱う仕事がしたいという思い、住みやすそうな仙台で仕事をしてみたいという思いもあり仙台の会社を探していた所、石黒建築工房のブログを発見。働く現場の様子や仕事の内容も楽しそうだったので、応募する事にしました。
 
 
     担当する「しごと」    
  
 言われたものをただつくるのではなく、お客さんのこと、使い勝手の良さの事を考えて一つひとつ丁寧に心を込めてつくる仕事ですね。手を抜いたらずっと心残りになる。ビス打ちのピッチにしても当たり前かもしれないけど規定のピッチを守ります。他にも、リフォームで壁をあけて、本来必要な「補強材」が壁の中に入っていないこともあるので、それらを新しく足した上で壁を塞いでいます。お客様から受けた設計チームからの“思いのバトン”を現場で引き継いで仕事をしているという自負はあります。
 
 
      自分の「やりがい」    
    
 自分たちがつくった家や店を見て、依頼者であるお客さんの感動する姿を見られるのがうれしいです。建売住宅の大工だと、家を建てた後でもまだ住む人が決まっていないのでその経験はできません。たとえ、注文住宅であったとしても大工がお客さんの感動の瞬間を直接見たり、聞いたりするのは会社によってはできないと思うので良い経験をさせてもらっていると思います。管理のスタッフが、お客さんの反応を教えてくれるのも嬉しい事で「やりがい」にも繋がっています。お客さんの想像以上をつくろう!と日々思えています。
 
 
 
      おもう「会社の特徴」    
 
 設計と現場の“距離”が近いのが良い所。皆で一緒にやっているという感じがします。「カフェ」もあり、「手づくり家具教室」もあるので、お客さんが身近に会社に来る事ができるのも良い所です。大工経験、未経験関わらず、入ってから覚える事が多いので、とにかく明るい人に積極的にコミュニケーションを取って動いて欲しい。できない内容さえはっきり解れば、一つひとつ「チーム」で教え、助け合いながら「確実」につくっていけますから。
 
 
 
 
 
 
 
 
     
    大工 / 猪股  inomata 
 
    仕事の「きっかけ」   
 
 質問の答えとしてパッと頭に浮かんだのは「一目惚れ」ですね。社長が会社を起こす前から20年一緒に仕事をしていますが、出会ったのは自分が大工になってから3~4年経った頃でした。それまで、一般住宅をメインに仕事をしていましたが、社長の仕事は、自分が今までつくった事の無いもので「やりがい」を感じました。何より現場との関わり方がまるで違った。つくり方を大工任せに絶対しなかったし、お客様との現場での細かい打合せまで自分らに見せてくれました。それは、自分らにとって大切なことでしたね。
 
 
 
     担当する「しごと」     
  
 設計図(お客様の思い)を最終的に自分の手でつくる「緊張感のある仕事」です。自分は、設計に同じことは聞かない様にしています。これまでつくったものを全部自分の“もの”にして、自分で応用を効かせて(最良の)「収まり」にする。また、図面に(そこに何が置かれるか)書いてあるのでお客さんの使いやすさを現場の皆と想像してつくります。現場で他業種との信頼関係をつくるのも仕事。信頼関係が無く、連携が悪ければ“良い家”はつくれません。
 
 
     自分の「やりがい」    
    
 皆の「力量」を出し合ってつくるのがやりがいです。他業種の(家具屋さん・建具屋さん、電気屋さん等々)の意見を聞かないと収まらない場面がある。特に大きなリフォームの「構造」では、設計や管理、大工にも意見を聞いてつくる。正直つくれるかとビビる時もあります。でも、止まったら、そこまでしか自分の能力は伸びないと思ってるので、聞いて、向き合って、挑戦しますね。難しい仕事ほど達成感はあります。あと、お子さんに手紙をもらって、やってて良かったなと思った瞬間でした。
 
 
 
      おもう「会社の特徴」    
 
 お客さんの親身になって、つくる会社だと思います。物の高さや奥行き、使い勝手など、お客さんの事を考えて曖昧していない。働く場所としていえば、みんなそれぞれにアドバイスくれるから、一人で悩むことは無いと思います。“ほっとく”とか、まず無い。最初から、出来ないことはさせません。得意なことを見つけてあげて、そこからスキルアップしてもらうようにしています。これからは新しい価値観の若い人と、もっと仕事がしたいですね。友達じゃないだろうけど、何でも話せる関係で仕事がしたいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
http://www.iadw.co.jp/files/libs/388/201902201142443044.png