本文へ移動

石黒建築工房の「設計メンバー」

     
    設計 / 加藤  kato 
 
    入社の「きっかけ」   
 
 数社の設計事務所で経験を積んだ後、フリーで数社の設計事務所の外注をしておりました。そんな中、知人の紹介で立ち上げて間もなかった石黒建築工房のお仕事をさせて頂きました。自分の中で次のステップの目標は、“現場を知ること”、“建て主さんと深く関わること”でした。外注を受けた石黒建築工房の仕事は正にそれが叶う内容でした。職人さんとも密に関わりが持て、自分を成長させてくれる会社だと思い入社を決めました。
 
 
 
      担当する「しごと」    
  
 「設計」というと理数系の仕事のイメージかも知れませんが、文系の仕事でもあると感じます。それは、お客様のイメージをプランニングする為の「聞き取り」は、お客様の“夢”、“趣味”、“家族の形”と様々で時に漠然とした言葉を「読み解く」作業が重要になるからです。そうやって読み取った“パズルのピース”を入念に「組み立て」、これしかないというプランニングをします。それから何度も打合せを重ね、お客様の為のピッタリの形に近づきます。それが“絵に描いたモチ”にならない様に細部まで組み立て、今度は施工チームとの「共同作業」へと移行します。そこから“生もの”である建築現場との関わりになっていきます。
 
 
     自分の「やりがい」   
    
 設計~施工~お引渡しまで沢山の人間が関わり、お客様の「夢の家」を築いて行くという、とても「やりがい」のある仕事だと思います。仕事を続けて行く中で、チーム全体でのできることの“引き出し”が徐々に増え、自分だけでなく「会社全体が成長できている」という実感が得られるのも大きなやりがい。私は、ドライブも含めスノーボード経由で温泉につかるのが一連の趣味ですが、ワザと近くを通りながらお客様の“幸せ”を想うことがあります。自分が設計で関わった家やお店の方との関係が、一つまた一つと増えていくことも私のやりがいになっています。
 
 
 
       おもう「会社の特徴」    
 
  「全員営業の職人集団」。それぞれの役割のスタッフがプライドを持って仕事をしていく事が、結果的にお客様の紹介、次のお仕事の依頼に繋がっている。それぞれの職種間でコミュニケーションが取りやすい環境があるから良い結果を生んでいるのだと思います。とにかく、ものづくりが好きな人、どっぷりと建築に関わりたい人は是非!得意な事を伸ばし、苦手なことは相談できる環境があるので意欲と丈夫な身体があれば成長していける会社だと思います。
 
 
 
 
 
 
 
     
   設計 / 中山  nakayama 
 
    入社の「きっかけ」  
 
 一番初めは、設計だけの仕事をしていました。その後、設計と現場の両方出来る仕事や、店舗の設計・施工の仕事にも就きました。仕事をする中で、石黒建築工房の施工店舗の「オリジナル建具」を見た時、建物に対する“熱量”が伝わって来ました。丁度その頃、設計より現場のバランスが強い業務でした。つくる現場の大変さを知った上で「設計」を始めたいと思いました。入社初日は東日本大震災の1~2か月後で、石黒社長と屋根瓦の撤去の仕事から始めました。仕事の大小関係なしに困っている人を優先に社長自ら、すぐ行動する姿に好感が持てましたね。
 
 
 
     担当する「しごと」   
  
 役割としては、弊社が最初にお客様から受けた”熱量”(おもい)を、設計の仕事を通して、現場へ繋いでいく仕事と考えています。かといって図面を現場へ渡して終わりではなく、お客様の”熱量が”最後まで現場で持続してつくられる様に、現場管理とも並走し続けます。ご要望があればお客様とも何度でも打合せを重ねて、完成まで一緒に走り切れればと思っています。
 
 
     自分の「やりがい」    
 
 「人とのコミュニケーションでつむぐ設計」。自己的な設計やデザインが優先ではないことですかね。大きな財産を預かる仕事をさせて頂いている中で、最初はお互いに緊張するところから始まって、お客様と徐々にコミュニケーションを重ね、最終的には一緒になって喜べる事がやりがい。経営者の考え方によっては、行き過ぎた効率化による確認不足で、緊張関係のまま引き渡しになったりする。弊社では、そういった事は絶対にありえません。引き渡し後も笑顔で声をかけて頂けるのはうれしい事です。
 
 
 
       おもう「会社の特徴」     
 
 お客様に対して、わかりやすく「伝えること」や、現実的に「検証すること」を入念に行っている会社だと思います。十人十色のお客様に共感しそれに向かって努力し続けられれば、必ず「チームの一員」として活躍できる会社だと思います。
 
 
 
 
 
 
 
     
   設計 / 高橋  takahashi 
 
      入社の「きっかけ」   
 
  CADの専門学校を出て、系列校の職員として働いておりました。それからハウスメーカーのプレカットの図面担当や、建築会社への派遣での図面担当がこれまでの経歴です。自分がこれまで積み上げて来たCADスキルを活かして、建築士に指示された部面を作成する、トレース業務よりも、「自分の意志」で図面を作成することを目指したいと思うようになりました。HPやcafé craftに直接行って“かわいい“お店をつくる会社だと思っていました。その後、ハローワークで求人票を見つけて応募しました。
 
 
 
     担当する「しごと」     
  
 打ち合わせ時の議事作成、上司に指示された図面のCAD入力、イメージパース作成、サンプルの取り寄せ、現場の確認や伝達、申請書類の作成と提出、引き渡し書類の作成、の書類を書いて提出→指摘箇所の図面の訂正、引き渡し書類をつくる、建築の仕様決めでの「色味」や「柄」のニュアンスについてはまだまだ、学ぶことが多いので積極的に取り組んで行きたい業務です。
 
 
      自分の「やりがい」    
    
 自分が携わって建てた物件に、家族を連れて行けたことです。(住宅の完成見学会・パン屋さんの開店後など)。パン屋さんに連れていった時は、看板を見て「かわいい!」、入り口のドアを見て「かわいい!」、トイレを見て、パンを見て「かわいい!」と終始喜んでいました。お客様の希望と、建築士の意図について家族に説明できたがはうれしいです。今までは平面的な仕事でしたが、設計補助として入社してからはお客様の要望を伺い、「カタチ」になり喜んで頂けたのでもっと精進していきたいです。
 
 
 
        おもう「会社の特徴」     
 
 私はまだ、入社して1年も経過していませんが、“ものづくり”に対する考え方が深く、大切にしている会社だと思います。お客様の一つひとつの言葉を大切にし、適した材料から商品まで広く深い知識を設計スタッフだけでなく管理のスタッフも持っていると感じました。「こなしている作業」という感じが全くありません。それから、設計から現場までの「伝達」も徹底しており、これまで書いてきた図面よりもはるかに細かいものを要求される理由もわかります。コミュニケーションが大事な仕事だと感じています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
http://www.iadw.co.jp/files/libs/388/201902201142443044.png