本文へ移動

お客様の声 ~若林区 A様~ スーパーリフォーム

 以前の家は、収納が圧倒的に少なかったというAさん。理想のイメージがありながら、モノを買う度、収納家具も買わなくてはいけないという生活を余儀なくしたという。「床にモノは置かない。そう決めないと、ずっと変わらない…」というAさんの言葉に当時の決意を想わせます。Aさんの頭の中にあった“理想のイメージ”が、現実の形になりました。
 
 
 
 
 
 
 
Q1きっかけは何でしたか?
 
 
A. 『共通の知り合いがいての紹介でした』
 
【Aさん】 共通の知り合いがいての紹介でした。立地と景色が気に入ってマンションを購入しました。学区を変えないという事を大前提にずっと探していました。だけど、間取りには不満がありました。できれば、間取りを変えたいと思っていました…。 
【石 黒】 沢山選択肢がある中で選んで頂いて、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
Q2以前の住まいの問題点は?
 
 
A. 『圧倒的に少ない、モノを仕舞える場所』
 
【Aさん】引っ越して来る前(マンション)は、物をしまう場所が圧倒的に少なかったです。そもそも物も多かったんですけど。収納は、洋室のクローゼットと和室の押し入れだけ、後は下駄箱だけという感じでした。ただ、部屋があるだけでしたね。自分で棚買って詰めて、(収納が)足りなくなったらまた棚買ってって…。廊下にも棚を買って、通路とかも凄く狭くなっちゃって…。「12畳あればいいやっ」て思うけど、収納がないと狭いんですよね。
 
 
 
 
 
 
Q3. リフォームのプランについて。
 
 
A. 『収納に関しては悩みましたね』
 
【Aさん】 1部屋は家族のクローゼットにしようと考えていて、最初から3L以上で探していました。スペースに収まるだけにしようと(服を)大分捨てました。元々あったWCLはキッチン用にしました。「WCLの入り口を反対に設けるのはできますか?」って言ったら、「できます!」って言われたので。
 キッチンのWCLのレイアウトに関しても悩みましたね。パイプスペースがネックで、大きい建具を入れようかという話もありましたが、最終的には建具に存在感はいらないって事で、1枚のシンプルな建具になりました。
 
 
 
 
 
 
Q4. キッチンのお気に入りについて。
 
 
A. 『全部がお気入り!!』
 
【Aさん】 全部がお気に入り。(カウンタートップについて)結果これが1番良かったです。
 かさ上げしたキッチンの脚の色もお気入り。ここまでが、キッチンメーカーで、ここからが石黒さん(弊社)。キッチンの内側からの高さが85センチで、外側からが100センチ「もし、椅子の高さが高かったたら脚は切ってくれますか?」って大橋さん(弊社管理スタッフ)に聞いたら「切りますよ!」って、言ってくれたんですけど(丁度良い高さのを)探して買いました!全く違和感がないです。
 
 
 
 
 
 
Q5. キッチンのお気に入りについて(2)
 
 
A. 『ずぼらな私でも凄い…いいです!』
 
【Aさん】 こだわったガスレンジ。 とても、おしゃべり。 「温度が高くなっています!」とか。
【娘さん】 私はオーブンがいいと思いました。最近お菓子づくりをしていて、余熱するじゃないですか?そしたら、すぐに「余熱完了!」みたいになって…。とても。美味しくできました。
【Aさん】 石黒さんと一緒に決めたレンジフードも、お手入れが凄い楽でフィルターを貼ってなくても、汚れが直ぐ落ちるし、洗うところが限られているので、ズボラな私でも凄い…いいです。
【石 黒】 CM出れますね!? 【Aさん】 待ってま~す!!
 
 
 
 
 
 
Q6. 生活の変化について。
 
 
A. 『今は、並んで料理ができます』
 
【Aさん】 キッチンのワークトップも広くなったので、広い面のものを置いておけるんですよね。前は、テーブルに一回持っていってからとかだったので、面倒だったんですけれど、今は並んで料理ができます。後は、来客を入れられるようになりました。前は、お祝いを持って来てくれたりとかしても「今日は無理!」っていう時が多かったんですけど、最近は「ウチ来る?」みたいに(笑)。
 結構、洗い物とかもお客さんの方が気を使ってくれるじゃないですか? 今は、「洗い物はいいよ~。食洗器あるから~。」って言えるようになりました。
 
 
 
 
 
 
Q7娘さんの感想と、親子の思い出。
 
 
A. 『もう、引っ越さないんだと思ってました…』
 
【娘さん】 引っ越す、引っ越す言って、何も無いから多分引っ越さ無いんだろうなって思ってました。
【Aさん】 初めて内覧してから一年位経ったんですけど、色々遅れて遅れて、大変でしたね。引っ越すって言ってたけど駄目なんでしょ?みたく(娘に)言われて。
【石  黒】 お部屋はどんな感じなの? 見ないからね !
【Aさん】 えっ(見ても)いいよね。 きれい、きれい。
【娘さん】 きれいなんですけど、防音室にあった棚とか移動して、今はちょっと“あれ”なんですけど…。 凄くいいです。
 
 
 
 
 
 
Q8. 最後に改めて自分の「好き」について。
 
 
A. 『“ごっこ遊び”が好きなのかな?』
 
【Aさん】 結局“ごっこ遊び”が好きなのかなって思いますね。「お店屋さんごっこ」でもあるし、ちょっと「ホテルライク」みたいなところも目指していて、「旅行に来てる風」とか。そんな事を、これからこの家でしていきたいなって思っています。
 
【石 黒】 あ~凄い!そのまさに狙った空間を一緒につくらせて頂いて、出来た後にこうやって、実現できたことの共有ができたこと。改めて、この仕事って凄いなって、今お話を聞いて思いました本日は、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲以上のインタビュー記事の動画です(約9分)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石黒建築工房は、【宮城県】を拠点とする「DIYカフェのある工務店」です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
http://www.iadw.co.jp/files/libs/388/201902201142443044.png