本文へ移動

快適な暮らしを求めた デザインリフォーム

 
 
 マンションを購入したが、使い勝手がよくないので入居前にリフォームをしたいとのご相談を受けました。和室のへの出入りや、地袋戸棚の配置に無理のあるレイアウト。ダイニングテーブルをどこに置いたらよいか分からない間取り。リビング・和室の間仕切りとして、オリジナル家具を配置することによって全てが解決しました。
 
 窓からの光も家具のガラス扉を通して、和室に入ります。もちろんデザインは和室側は和風(シナの木)、洋室側は洋風(タモの木)で仕上げました。収納も両室から機能的に使えます。さらに、リビングの壁面にはガラスと間接照明で飾り棚を設置。店舗のような素敵な雰囲気にというオーナーのリクエストを表現いたしました。
 
 

☆☆☆ Before ☆☆☆

△リビングの広い壁面にアクセントが欲しい。
 
 
△家具のレイアウトを悩ます障子と地袋。
 
 

☆☆☆ After ☆☆☆

▲以前あった和室をリビングへ。明るい茶の腰壁もなくし、フローリングから白のフロアタイルへ。リゾート風の部屋へと変身しました。右奥の戸は片開きから引戸へ。統一した配色へ。
 
 
△組込んだ照明の光がガラスの天板を照らす。
 
 
△和室とリビングの両面から利用可能な、飾り棚&収納。
 
 
 
 
設計・施工:石黒建築工房
竣   工:2007年  1月
リフォーム面積: 67.0㎡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
石黒建築工房は、【宮城県】を拠点とする「DIYカフェのある工務店」です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
http://www.iadw.co.jp/files/libs/388/201902201142443044.png