本文へ移動
【O】 オーナーズストーリー
- Owners story -
注文住宅 / 2世帯(建て替え) / 亘理 A様ご家族
「東北も震災を経験するなど、こんな時代だからこそ、地域の方も集える居場所をつくりかたかったんです。」とご主人。
Q1  家づくりのきっかけは?

『築50年以上の家の寒さや間取りの問題』
 
 母と障害のある妹、そして妻と子どもの暮らしやすい二世帯の住宅を建てることが一番のテーマでした。以前の家は築50年近く、間取りや寒さも含め、このままでは良い生活ができないなと、建て替えを検討しました。
 
Q2  その後はどのような行動を?

『様々なタイプの建築会社を見てまわって…』
 
 展示場を含め、ハウスメーカーやデザイン系の建築会社などを見て回りました。資料も含めて色々比較したんです。そして、雑誌で気になった石黒さんに資料請求をし、石黒代表と直接お会いしました。代表の二世帯の自宅兼モデルハウスも見学。相見積をしない姿勢なども聞いてこれは信頼できるなと感じ、〝ここならやってくれる〞と。そして、その年の年末に、お手紙を頂いた広報の佐直さんにメールしたんですね、「決めました」と。
 
Q3  他社との違いは?
『ヒアリング力が格段に違いました。』
 
 家づくりの大きなポイントに、妹との生活と、地域の方が定期的に集まる広い空間づくりがありました。妹との生活を例に取れば、車椅子でトイレに行けるような普通のバリアフリーの設計は他でもできるんですが、石黒さんは、母と妹がどんな時間帯で接し、妹が普段椅子に座っているのか、床に座っているのかなど、生活ぶりを聞く想像力(ヒアリング力)が格段に違いました。
 
Q4  ご主人は単身赴任中で、週末の度に打ち合わせを重ねたそうですね。
『もはや、自分たちとの戦いでした(笑)』
 
 月に1、2度、土曜日の午後、5時間くらいは打ち合わせをしました。毎回宿題が出て、それに応えるというやり取りですね。本当に濃い内容で、もはや自分たちとの戦いでしたね(笑)。悔いは残すまいと。
 
Q5  家づくりが、自分たち自身と向き合う良い機会だったとも聞きました。
『一生に一度の家づくりですから、とことんやりました。』
 
 石黒さんに、「お米の収納は何袋分必要ですか?」「キッチンの後ろにあるべきものが、どれだけありますか?」などと本当に具体的な質問をされる。そうすると、「あ、お米も野菜も頂くし、そう言えばこれも、あれもある」と。自分たちでもどれだけ収納が必要か分からなかったので、食器や本の数、サイズも全部調べてエクセルに打ち込んだのも、良い思い出です(笑)。一生に一度の家づくりですから、とことんやりました。
 
Q6  家づくりで、石黒さんらしいエピソードはありますか?
『「住んだ後にああすれば良かったと後悔することもあるので、検証しましょう」と言われて』
 
 例えば、タオルを引き出しに収納する際、複数を丸めて並べて仕舞っても、実際に使うのは手前にあるものだけになったりする。そんな話もされて、何だかすごく腑に落ちたんです。そこまで考えてくれる人なんだと。あと、CGを使って、客間に座ってキッチン側を見た時に、カウンターの見え方はどれが理想かも検証してもらいました。来客が来て、キッチンに立っている姿だとか、それを見えるつくりにするとかしないとか、少し出すとか出さないとか、すごくマニアックにやりましたね(笑)。住んだ後にああすれば良かったと後悔することもあるので、検証しましょうと言われて。思い残すことなく、やり抜くことができました。
 
Q7  それだけ真面目に考え抜いた住まいの満足度はいかがですか?
『満足度は相当高いですね。』
 
 満足度は相当高いですね。石黒さんとの家づくりでなければ、もしかしたら、住んでからああしておけば良かった、こうしておけば良かったという家族の声が出て来たのかも知れません。それが本当にないんです。
 
Q8  最後に、家づくりを検討する方に、石黒さんの魅力を伝えるならば?
『何を言っても軽々しく扱うようなことはありませんでした。』
 
 石黒さんは、何を言っても軽々しく扱うようなことはありませんでした。これはとても重要なことだと思うんですよ。まずは全てを肯定してくれる、それがスタートなんです。気を遣って最後まで言えない、ということがなかった。だからこそ、自分たちにピッタリの住まいになったのだと思います。ありがとうございました。
 
インタビュー こぼれ話
TOPへ戻る