HOME » 

リフォーム

今までの暮らしをリセットして暮らしの質向上を約束するリフォームが脚光を浴びています。 一昔前まではリフォームと言えば、外壁の塗装やボイラー交換など主に建物の維持向上を目的とした「修繕」を指していました。 しかし、今では間取りの変更やゆとりの空間の創出など、より快適で豊かな生活を実現するものへと進化しています。 構造のしっかりした建物であれば、新築住宅を購入するより安価でありながら、希望を叶える完全に新しい住宅に生まれ変わらせることが可能なのです。

石黒建築工房のリフォーム

住まい性能維持タイプ

従来からあるリフォームで、屋根や外壁の塗替えや設備機器の交換など修繕やメンテナンスを意味します。 どんな建物も時間とともに劣化していきます。 大きな修繕が必要となる時期はかならずやってきます。 資金計画も含めた修繕計画を持つことが大切です。

機能性能向上タイプ

耐震性や断熱性などの基本性能は、安心・快適な生活を約束する重要な要素。 その性能は時代とともに高まっています。 耐震性能は宮城県沖地震の後に大きく要求されるようになりました。 数年前に起きた耐震偽装問題以降は、より厳しい耐震性能が新築住宅を建てる際に基本性能として要求されています。 断熱材も、より高性能のものが普及されておりますし、最近ではエコにも配慮したエアコンやLED照明等も普及し始め、生活コストや環境に負荷を与えないために工夫が大きく住宅の性能を左右するようになっています。

暮らしの満足度向上タイプ

基本性能が十分でも、暮らしの満足度の全てが高まることにはなりません。 キッチン、トイレ、浴室などの水回りは毎日使う場所だけに、清潔感と使い易さが求められます。 とりわけキッチンは使い勝手の良さが重要です。主婦の方にとって毎日の食事作りは重労働。 リフォームで負担が軽減されたり、便利になれば食事作りが楽しくなります。 また、年齢の変化で住まいに求める機能や嗜好が変わります。 子供と同居中はどうしても機能面を重視しがちですが、独立後は自分の時間をゆっくり満喫できる空間がほしい、自分流のインテリアにしたい、など居心地やこだわりを重視した暮らしを望むようになります。 この他にも暮らしの満足度をUPするリフォームは沢山あります。 エクステリアを自分好みに、ペットと楽しく暮らす空間作り、洋室をモダン和風に・・・。

ライフサイクル適応タイプ

誰もが年をとります。また怪我をしたり、病気になったりすることもあります。 便利で安全に暮らすことを目的に「バリア〈障壁〉フリー」が住まいに求められます。 住まいのバリアフリー工事では、廊下と部屋の段差をなくす、手摺をつける、引戸にするなどが代表的です。 この他にも車椅子が通れるようにドアの幅を広くしたり、玄関にスロープを設置したりします。 また結婚や子供の成長、親との同居など家族構成の変化やライフスタイルの変化はどんな家庭にもおこります。 そうした変化に対応しながら長く快適に住み続けるためには、間仕切りの変更や増築、二世帯住宅化など抜本的なリフォームが必要になります。

自分で考えることがリフォームの出発点。現状をしっかり把握して、不便を便利に不満を満足に変える方法を考える事が出来れば、理想のリフォームが実現できます。 一緒に楽しみながらリフォームに取り組みましょう。 

ページ先頭に戻る