本文へ移動

広々二世帯リフォーム

 
 
 
 震災の影響についてのご相談でお話を頂きました。色々な工務店やメーカーにも相談されましたが、『想いと共にリフォームを』と申し上げたのは当社だけだったと言います。他社には皆、建替を勧められたそうです。
時と共に家族構成や間取りの関係は変化して行きます。親世帯・子世帯のお話し合いを重ねお互いの関係を更に良いものにする為、増築リフォームという結論に至りました。
 
△お父様の思い入れのある外観を生かし、その延長上でのデザインを取入ました。
 
 

☆☆☆ Before ☆☆☆

 
 

☆☆☆ After ☆☆☆

△1階の和室の畳の張替えです。想い供にお色直ししました。
 
 
△採光いっぱいの対面キッチンに。リビングとも繋がりをもっています。
 
 

△親世代は明るい「座」のスタイルで。立派なケヤキのテーブルは七輪が組み込まれています。リフォームと同時に内窓の配置、断熱材の補強等、温熱環境を整えました。
 
 


△2階の子世帯。天井を利用した勾配天井がLDKに広がりを添えています。そしてK様邸の前には建物がないため、2階にはたくさんの陽が入ります。冬でも本当にぽっかぽか。LDKは2世帯とは思えないほどの広々とした空間が。
 
 


△施主様が以前からお好きで集めていらっしゃるバリ家具が、落ち着いた色の梁や床との組み合わせで異国の雰囲気が素敵に演出されています。間取りや家の配置はお手持ちの家具、寸法から構成しています。
 
 


△こちらの部屋は増築箇所。壁紙のアクセントカラーが寝室に馴染んでいます。奥様の家具のコーディネートが非常に素敵です。
 
 

△クロス・床、手洗いなどにもこだわりが。
 
 
△2つあるお子様の部屋も広々です。
 
 
△階段を上りきった所に引戸を配置しています。(左側)温熱環境調整と音などのプライバシー効果を発揮しています。
 
 
設計・施工:石黒建築工房
竣    工:2012年11月
 
 
 
 
 
石黒建築工房は、【宮城県】を拠点とする「DIYカフェのある工務店」です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
https://www.iadw.co.jp/files/libs/388/201902201142443044.png