本文へ移動

連載BLOG (リフォーム編)

連載ブログ !! 「暮らしの不便直し隊」

「暮らしの不便直し隊 」開放的なLDKを作る

2021-12-21
▲声や機械音が交錯する。材料を切る際に飛び散る木屑の迫力が凄い。
 こんにちは。広報くしだです。最近は天気も良く、気持ちのいい日が続いていますね。本日、南光台のリフォーム現場にて内装下地の工事が行われました。今回も、現場を見学させていただき感じたことを書かせていただきます!

 ⑴お施主様にご挨拶したら「きれいにしていただいてありがとうございます。」と言っていただいた。嬉しかった。⑵バケツで温める缶コーヒーは健在だった。⑶大工さんのお二人のコンビネーションが抜群で、無駄のない動きだった。⑷ラジオから星野源の「ワークソング」が流れていて、励まされた。⑸大橋課長が現場の確認にいらっしゃり、大工さんと段取りを組まれていた。 ⑹一服の時間にコーヒーとお菓子を頂いた。雑談をしつつ、その後の作業の流れを教えていただいた。⑺ 大工のゆうさんが、缶コーヒーの好みを覚えてくださっていた。扉に手づくりサンタさんが貼ってありとてもかわいかった。⑼柱に言葉が残っていた。ご家族の思い出が残るのがリフォームの深いところだと感じた。⑽外にあるお菓子の自動販売機が、懐かしくて暖かい気持ちになった。⑾帰り際、ゆうさんから笑顔で「お疲れさまでした!」と言っていただいた。本日私が見た現場の様子を一本の動画にまとめましたので、よろしければYouTubeの限定公開よりご確認ください。

 元々は壁で仕切られていたお部屋ですが、既存の壁を解体し開放感が出ましたね。天井、石膏ボードの貼り付けが終わり、よりお部屋らしくなってきました。今後は内装工事、家具・建具の設置などが行われる予定です。どんなお家になるのか、とても楽しみです!お施主様、ご家族の皆様、引き続きよろしくお願いいたします。
                                                        ✍広報くしだ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
https://www.iadw.co.jp/files/libs/388/201902201142443044.png