本文へ移動

連載BLOG (リフォーム編)

連載ブログ !! 「暮らしの不便直し隊」

「暮らしの不便直し隊 」更に住み易い間取りに!

2022-01-18
▲大きな開口から日光がたくさん入る、日当たりの良いお宅でした。
 皆さんこんにちは。1月も中旬、まだまだ寒い日が続きますね。温かい飲み物を飲んで、この寒い時期を乗り切りましょう!さて、先日泉区のリフォーム物件にて、内装工事が行われました。今回はその様子を見て感じたことを羅列させていただきます!

⑴もはや名物、バケツに缶コーヒー。⑵お施主さんご家族のお子さんの作品が飾ってあり、かわいかった。(前より一つ増えていた。)⑶床材を貼る際、床に塗ったボンドが波模様のようで美しかった。⑷床材を貼る作業のスピードの速さと丁寧さに感動した。⑸床が変わると、一気に華やかになるなと感じた。⑹お施主様にご挨拶したら、「お疲れ様です~」と微笑み返してくださった。⑺巾木を取り付ける作業が俊敏で、あっという間に作業が進んでいた。⑻大橋課長が職人さんに冗談を言い、現場を和ませていた。⑼丸のこ作業で散った粉が日光に当たって綺麗だった。⑽巾木のやすりがけをとても丁寧にされていた。⑾お施主様ご家族の身長が刻まれた柱を見せていただいた。思い出を残すことができるリフォームの醍醐味を感じた。本日私が見た現場の様子を一本の動画にまとめましたので、よろしければYouTubeの限定公開よりご確認ください。

 新しく壁が立ち上がり、以前の間取りとまた違った空間になってきました。身長が刻まれた柱が残してあることで、お家と共に成長しているような気がします。お家に思い入れの深い方こそ、リフォームを検討してみてはいかがでしょうか?今回も現場を見学させていただき、ありがとうございました。お施主様、ご家族の皆様、引き続きよろしくお願いいたします!

                                                        ✍広報くしだ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
https://www.iadw.co.jp/files/libs/388/201902201142443044.png