本文へ移動

“チーム・石黒” 応援キャラクター

 
 
      
“Umasi Osamari” ハイセンスで聞き上手な馬のお兄さん age(31) 
 



   “納まり”愛する「おさまり うまし」  
 
 “Umashi”こと「おさまり うまし」は31歳、ハイセンスで聞き上手な馬のお兄さん。ちょっとした変化にも気づく繊細な性格。そして、とても涙もろい。弊社の「くらしデザイン」を良く理解している。また普段は「主夫」として、暮らしが楽に、楽しくなる空間を家で研究している。芸術全般にかなり明るい一面を持つが、今まで何をしていたかは謎。


 美を追求しつつ、仕事の空間にも配慮する 
  
 トレードマークの眼鏡に施された「ターコイズ (石)」は奥様とのお揃いで、其々の形に職人にオーダーし、大切に身に着けている。髪の毛は色艶が良く、毛量も多い。風に良くなびいている。整理整頓が得意で、家や仕事場で、皆が心地よく過ごせるように工夫する。蝶ネクタイはTPOに合わせ何本か持ち歩いているというお洒落さん。





  誰に対しても誠実、少し“天然な”ポニー  
 
 何故か、人に相談されることの多い“Umashi”は、以前サウナで人生の相談を受け、時間を忘れて聞くうちに卒倒してしまったという経験があるとか。また、バスでおばぁちゃんの話を聞いていたら、終電まで乗っていたなんて事も…。そんなエピソードがつきない、誰に対しても誠実で、ちょっとお間抜けな“Umashi”さんはみんなの人気者。



  一本気な “Taizo” の性格。つい世話を焼く  
  
 小さい頃から家業を継ぎ、仕事に対する意識が高いが、世間知らずな一面もある“Taizo”。“Umashi”は、そんな“Taizo”に「仕事に邁進する奥さん」を重ね、つい世話を焼いてしまう事がある。また、頑張りすぎる傾向にある“Kotone”の事もいつも陰で心配する。そんな2人をサポートしつつ、会社の“裏方達”にまで気を配る。




 
 
 
 
 
      
“Taizo Naosi” 芯の通った職人気質な熊の男の子 age(19)
 



    芯の通った職人「なおし たいぞう」  
 
 “Taizo”こと「なおし たいぞう」は19歳、信念があり誠実に仕事を進める「職人肌」の熊の男の子。子供の頃から祖父より技術を教わり大工をしており、その経験を活かして、職人の技や考えを広報メンバーの一員として伝えつつ、大工の師である祖父の背中を追い続けている。歳は若いが、現場の経験は長く、内に秘めた仕事への情熱がほとばしる。
 


   祖父より受け継ぐ「職人魂とキャップ」  
  
 現場と私服に違いは無く、いつも祖父より受け継いだ「makitaのCAP(ぼうし)」を被っている。また「オーバーオール」は6着程あり、毎日清潔な服を着ている。休みの日でも仕事の電話が入れば、誰よりも早く現場に駆け付ける。仕事に実直で、周囲からの信望も厚い。仕事が趣味の“仕事熊”で、身体はやや小さめ。






  休日、炭火で焼いた「鮭」にも未練なし  
 
 多忙な“Taizo”だが、現在セルフリフォーム中の「庭付きの平屋」で、キャンプや釣りを楽しむのが休日の過ごし方。釣った魚を七輪で焼いて食べるのが好き。手塩にかけた魚を食べようとすると、いつもその “いいところ” で現場に呼び出される事が多く、その度に猫にあげているという。そんな“Taizo”は職人だけでなく、猫にも大人気。
 
 
 現場では弟子、外では友人の様な“Kotone”  
  
 今まで、職人一筋だった“Taizo”にとって年上の2人は人生に、“突如、吹き出した新しい風”。たまに“Umashi”の住む家で「整理収納」や「暮らしのアイデア」等を教わりつつ、夕飯をご馳走になっている。現場見習い中の“Kotone”に大工の技を教えるが、その積極的な姿から職人としての“Kotone”の成長に密かに期待している。




 
 
 
 
 
      
“Kotone Omiseno” 積極的で向上心旺盛なネコの女の子 age(25) 
 



   お店の“こと”なら「おみせの ことね」  
 
 “Kotone”こと「おみせの ことね」は25歳、積極的で向上心旺盛なネコの女の子。「レストラン」と「現場」を掛け持ちする程、働き者でチャレンジャー。飲食店での接客経験を活かしつつ、お洒落で居心地の良いお店を自分の手でつくれるようになるために現在、現場で修行中。夜は、親友が店長として頑張るレストランをサポートする。
 
  
    「作業着・サロン」どちらも“正装”     
  
 現場とレストランの仕事が両方大変になって来ると、作業着姿でお店にそのまま直行!なんて事もしばしば…。「ご苦労様で~す!!」と親友(店長)に職人さんに間違えられて挨拶されてしまった事もあったとか。少々、親友(店長)へお怒りモードだった“Kotone”であったが、サロンの紐を「ギュッ」と締めればスイッチが切り替わり、最高のサービスマンになる。






    “パワフル” で “姉御肌”、猫はかぶらない   
 
 そんな“Kotone”の趣味は、知り合いのお店を巡ること。お昼はお魚の定食屋さんや、野菜のパン屋さん。夕方は心身のメンテナンスに針治療。夜はワインバーなど、“友人たち”が働くお店や、自分が少しでも建築で関わったお店など、時間を見つけては顔を出し「一声かけること」を大切にしている。“Kotone”の両親もお店を営んでいる。
 
 
     聞き上手の “Umashi” は、癒しの存在     
  
 普段からおとなしい“Umashi”に対しても、基本的に声が小さい“Taizo”にも「もっと、ハッキリ言わないと私、わかんないよ~!!」と、笑って注意する姉御肌な“Kotone”。そんなパワフルな“Kotone”だが、遠くから“Umashi”の「穏やかな聞き姿」を見て、いつも癒されている。いつか自分の悩みもこっそり相談したいと思っている。




 
 
 
 
 
 
 
石黒建築工房は、【宮城県】を拠点とする「DIYカフェのある工務店」です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
https://www.iadw.co.jp/files/libs/388/201902201142443044.png