本文へ移動
 
 
株式会社 勝山ネクステージ 様
 
国内外の取引会社よりインスパイア
“IMAGE”を与えられるオフィス創り
 
iadw の「店舗デザイン事例」
 
 
エントランス_コーポレートカラーを忠実に再現したサイン
エントランスホール_耳を澄ませば波の音が聞こえて来そうなブルーの組み合わせ
打合せ室(ホール側)_6脚のチェアとホワイトボード、モニターを完備
会議室_縦横に伸びる正確無比なグリッドが、空間に“緊張感”を与える
通路_壁面に施された、突板の表情
休憩スペース_間仕切り高さ=1400mm。床は通路側より150mm高くした
社長室_パーティションのガラス内にブラインド
オフィス_新旧のインテリアが、会社の歩んで来た道のりを思わせます
打合せ室(オフィス側)_オフィスのコーナーに位置する2つ目のミーティングルーム
事務スペース_美と食。同社の“美学”が随所に散りばめられていました

エントランス

1/10 コーポレートカラーを忠実に再現したサイン

エントランスホール

2/10 耳を澄ませば波の音が聞こえて来そうなブルーの組み合わせ

打合せ室(ホール側)

3/10 6脚のチェアとホワイトボード、モニターを完備

会議室

4/10 縦横に伸びる正確無比なグリッドが、空間に“緊張感”を与える

通路

5/10 壁面に施された、突板の表情

休憩スペース

6/10 間仕切り高さ=1400mm。床は通路側より150mm高くした

社長室

7/10 パーティションのガラス内にブラインド

オフィス

8/10 新旧のインテリアが、会社の歩んで来た道のりを思わせます

打合せ室(オフィス側)

9/10 オフィスのコーナーに位置する2つ目のミーティングルーム

事務スペース

10/10 美と食。同社の“美学”が随所に散りばめられていました
 

 

1. エントランス

新オフィスのエントランス
Photo 1-1
床や壁の石、カウンターや扉の木、絵画の水など、ナチュラルな雰囲気が来る人を迎える
Photo 1-2
コーポレートカラーを忠実に再現したサイン
Photo 1-3
有機的なラインの縦型ブラインド
Photo 1-4
関節照明が壁や床の素材の魅力を引き立てる
Photo 1-5
受付の電話、配線の処理
Photo 1-6
 
 

2. エントランスホール

緊張感がありつつ、爽やかな印象のエントランスホール
Photo 2-1
2枚のアートが会社の明るい未来を表しているかのようです
Photo 2-2
耳を澄ませば、波の音が聞こえそうなブルーの組み合わせ
Photo 2-3
エントランスホールの待合いスペース
Photo 2-4
艶消しブラックとガラスのパーティションが、共用部と打合せスペースを間仕切る
Photo 2-5
様々なアートがオフィス内にあり、自由さと創造性を刺激するかのようです
Photo 2-6


3. 打合せ室 (ホール側)

打合せスペースには6脚のチェアとホワイトボード、モニターがある
Photo 3-1
廊下の奥に見えるのがオフィス
Photo 3-2
ガラスのパーティションで開放的
Photo 3-3
シンプルかつ、インパクトのある照明が◎
Photo 3-4
待合時にミーティングが行われていましたが、音は全く気になりませんでした
Photo 3-5
緊張感を大切にしているというオフィス。開放感もあり集中して仕事ができそう
Photo 3-6


4. 会議室

会議室の入り口。建具のガラス面が大きいことで中がどういう状態か一目でわかる
Photo 4-1
人工大理石の会議テーブル(横:1200mm × 縦:3600mm)
Photo 4-2
特注の照明器具(横:900mm × 縦 3500mm)
Photo 4-3
チャールズ&レイ・イームズの名作、アルミナムグループチェアが8脚
Photo 4-4
大型モニターを配備し、主に「WEB会議」などの使用目的のこちらの会議室 (写真は大型モニター側から空間全体を撮った)
Photo 4-5
会議室の入り口を、会議室奥から。縦横に伸びる正確無比なグリッドが、空間に緊張感を与える
Photo 4-6
調光式の照明で、会議室の雰囲気を自在に操る
Photo 4-7
静と動。それぞれの空間で、しかし同じ方向に向かって
Photo 4-8
綺麗に磨きあげつづける社内。写真は、ガラスパーティションのフレーム(厚み=35mm )
Photo 4-9


5. 通路

レオ ラスティックの突板を施した、間仕切り壁。裏側はスタッフ用の休憩スペース(フリースペース)
Photo 5-1
事務所内ではジャズが流れるなど、仕事のパフォーマンスを維持する工夫が伺えた
Photo 5-2
照明の効果とガラスの反射で、幾重にも空間に深みを与えていた。仕事をする上で、眩しすぎるという感じは無さそうだった。
Photo 5-3
突板の表情
Photo 5-4
足元の関節照明と、カーペットの表情
Photo 5-5
壁面一部をモルタルで仕上げ、重厚感が感じられる雰囲気に
Photo 5-6


6. 休憩スペース

左、休憩スペース(フリースペース)。右、給湯室。
Photo 6-1
 間仕切り高さ=1400mm フリースペース側の床は 150mm高くした
Photo 6-2
給湯室内部、飲料水の置き場所も予め想定し設計した
Photo 6-3
ゴロンと横になって構想を整理したり、気持ちを切り替えたり、仲間とお話をしたりの「フリースペース」
Photo 6-4
内側の金色塗装が美しい、遠藤照明のLED照明器具
Photo 6-5
フカフカのモフモフ!!
Photo 6-6


7. 社長室

社長室、入口より
Photo 7-1
遊びゴコロ
Photo 7-2
創作意欲を掻き立てるような音楽
Photo 7-3
社長デスクより
Photo 7-4
パーティションのガラス内にブラインド
Photo 7-5
ブラインドを開けた状態
Photo 7-6


8. オフィス

オフィス内、お仕事時の撮影にご協力頂きました
Photo 8-1
窓に写る社内の風景。外は、仙台市の街並み
Photo 8-2
新旧のインテリアが、歩んで来た会社の道のりを思わせます
Photo 8-3
“一体感”を感じさせる事務所内
Photo 8-4
所々にあった、遊び心と繊細な気遣いと、華やかさ…。
Photo 8-5
美容と健康に関する商品を主軸とする同社の“らしさ”は社員の方々からかもし出されていました
Photo 8-6


9. 打合せ室(オフィス側)

Photo 9-1 まるで宙に浮かぶ同社の“Idea”の様な照明器具は、遠藤照明のペンダントLED
Photo 9-1
 オフィスのコーナーに位置する2つ目のミーティングルーム
Photo 9-2
ミーティングテーブルと4脚のチェア。9.45㎡の室内
Photo 9-3
コンパクトなサイズのミーティングスペースだが閉塞感を感じる事は無さそうだ
Photo 9-4
スペースや状況に合わせて照明の光の色にも工夫を
Photo 9-5
ここに必要だったのは、薄くて固いガラスの壁、美しい照明器具からの優しい光、Ideaを“捕獲”する為のホワイトボード。
Photo 9-6


10. 事務スペース

必要な作業と、道具、その為の場所(コピー機のワークスペース)
Photo 10-1
左奥が、スタッフ用の出入り口。ロッカースペースを完備。バラの香りがしそうなエレガントな絵画に、BOSE製「サウンドリンク」。
Photo 10-2
美と食、そして芸術性を重んじる同社の仕事への美学がオフィス内のの随所に散りばめられていた。
Photo 10-3


設計施工:石黒建築工房
竣  工:2021年 7月
 
 
 
 
 
 
 
 
 
https://www.iadw.co.jp/files/libs/388/201902201142443044.png