本文へ移動

【E】vent of “KURASI”

7月に行われた 合同イベント

2021-04-09
イベントのフライヤー



“昆虫観察BOXづくりワークショップ”作業工程



【01.印付け】

鉛筆と木で作った定規で、ビスをとめる箇所に
印をつけていきます。



【02.穴あけ】
ノミを使って穴を開けます。手のひらでノミを上から
「とん」と叩くと穴が開きやすいです。



【03.ビスどめ】

ドリルを使って下穴を開け、インパクトドライバーで
ビスをとめていきます。



【04.屋根をかぶせて完成!】

屋根を被せて完成です。表面を滑らかにするためにヤスリで
削ったり、自分好みの色を塗るのもGOOD!









今回のポスター
           お子様向けに、楽しい夏のイベントをイメージしました。青空の下、昆虫観察BOXで遊んでいただきたいです。




オフショット写真集
支え台も材料のサイズに合わせて制作しています
クランクと呼ばれる、材料固定に使う道具。
滑らかにしたい方は、やすりがけも可能です。
一つ一つの工程を社長直々に教えていただけます
初めての体験に、お子様たちは興味津々でした。
完成後、2人ではいチーズ!2人仲良く遊んでね〜
自由な発想では木枠はカメラに見えたようです笑
本格的な道具を使って、少し大人になった気分。
お休みの日はご家族みんなで、モノづくり体験!




「最後に、イベントに参加してみての感想」

お子様向けのイベントで、難易度は易しめでした。
お子様たちにとって普段なかなかできない体験で、
"モノづくり"の楽しさを知っていただけたのでは
ないでしょうか。作って終わりではなく、その先も
昆虫観察、お人形遊びなどに使っていただき、お子様
の大切な思い出になっていただけたら嬉しいです。

新入社員 広報くしだ













4月に行われた 合同イベント

2021-04-09
イベントのフライヤー



登米の桜の木を使った“ビアコースターワークショップ” 作業工程



【01.塗装する】

やすりがけをしたコースターの窪みの部分を
マスキングテープでを覆い、ハケで塗装用オイルを塗り、
ウエースで染み込ませていきます。



【02.タイルを並べる】

好きなタイルを選び、デザインを決めます。
木工用ボンドをつけ、タイルを並べていきます。
(ピンセットなどがあると並べやすいです!)



【03.タイルを貼る】

タイルを外側からL字に揃えていきます。
(細かいですが、綺麗に並べるための大切な作業です。)



【04.目地を入れる】

コースターの縁の部分をマスキングテープで覆い、
ハケを使ってタイル用の目地材で目地を入れていき
ます。その後タイルについた目地材を拭き取り、
乾燥させれば完成です!









今回のポスター
           姿鏡をテーブル替わりに、桜の木の下でイメージ撮影。カフェクラフトのお弁当との相性もバツグンでした。




オフショット写真集
皆様黙々と自分の作業に向き合っています。
お客様のモノづくりへのこだわりに答える社長。
カラフルなタイル。正方形の他に花形のものも。
コースターの素材には登米産の桜の木を使用。
ご家族のお客様。今後の生活が楽しみですね!
お客様お手製、ボンドを綺麗に並べる便利道具。
コースターをかんながけしている様子。
完成後はご家族みんなで、はいチーズ!
自作のコースターで、食卓がさらに華やかに!




「最後に、イベントに参加してみての感想」

今回はじめてイベントに参加させて頂きましたが、
社長がひとつひとつの工程をわかりやすく丁寧に教えていて、
ハンドメイドが得意な人でも、そうでないけど興味がある
という人でも楽しめるイベントだったように思います。
完成したものは "かわいい" だけではなく、モノづくりへ
真剣に向き合ったからこそ生まれる愛着感のあるコースター
に仕上がったと感じます

新入社員 広報くしだ

次回の開催は未定ですが、
ご興味のある方はぜひ参加してみてください!













石黒建築工房は、【宮城県】を拠点とする「DIYカフェのある工務店」です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
https://www.iadw.co.jp/files/libs/388/201902201142443044.png